先ほど、交換していただこうと一人のお母様に声を掛けて話し始めたのですが、身上書の写真に見覚えがあり、「もしかして前回お話しましたか」何と3月の会でお話した方だったのです。私はプレッシャーに弱くて、後ろに待っている人がいると思っただけでもうパニックになるタイプで、前回がまさにそのパターンでした。立って待っている人が気になり話も半ばで交換もせずにそそくさと席を離れてしまったのです。もう一度交換に行こうと思いながら行けずに終わり口惜しい思いをしました。
それが今度は、お待ちの方もいらっしゃらず、ゆったりとした気分でお話できました。念願だった交換ができ、もしかしたらこれは会うべくして会ったということ、いわゆるご縁があったということかもしれない、などと虫のいいことを考えてしまいます。本人同士はこれからですが、せっかくいただいたこのご縁を大切にしようと思います。