先日、お嬢様をお持ちのお母様(A様)より嬉しいご報告がありました。
ちょうど一年前の親おや交流会で出会い、この春に挙式されたとの事。持参されたお式のお写真には幸せいっぱいのお二人とご家族の笑顔。
「本当にうちの娘でよろしいのでしょうか?」
このご縁で、初めA様は身上書の交換すら躊躇されたそうです。年齢も身長も女性が上という、これまででは考えられないお申し出だったからでした。
先方のご子息様が求めるタイプは家庭的で優しい方だったそうで、先方のお母様にとってA様のお嬢様はまさに理想の相手のように思え、全く迷いはないようでした。
その後お子様たちは意気投合、順調に交際が進む中、おとなしいお嬢様が徐々に積極的にご自分の気持ちをお母様に打ちあけられるようになり、お母様も「これはまさしく良縁だ」と確信されたそうです。
皆様それぞれご要望をお持ちでしょうが、思い切ってお相手からのオファーに飛び込んでみる勇気を持つことも必要かもしれません。
そこから、思いがけないお出会いが見つかることもあるのですから。